6才 虫歯

6才の歯科検診で虫歯を発見!やっぱりショックでした。

虫歯になったのは上の奥歯の隙間でした。

 

子どもが小学生になり、自分で磨きたいという意思がでてきたので、親の仕上げ磨きだけはきちんとしていたつもりでした。

 

原因はおやつの与え方にあったように思います。

 

ダラダラと食べている時間がかかりすぎたり、おやつ後の口の中を清潔に保っていなかったことも要因だと思います。

 

それと子どもの顎がもともと狭かったのと、一番奥の歯が生え始めて他の歯が押されてきたので歯と歯の隙間が狭くなってきたことで、ものが挟まりやすくなりました。

 

糸ようじや歯間ブラシは子どもにはまだ早いと思って使っていませんでした。

 

汚れが取り切れていなかったことが一番の原因だと思います。

 

虫歯になったときはやっぱりショックでした。

 

 

虫歯に気がついたのは、たまたま歯科で定期健診をうけたからだったので、そのまま治療してもらいました。 

 

ほかの奥歯ももともとの溝が深く虫歯になりやすそうだったのでシーラントという予防をしてもらい、歯磨き指導と糸ようじの使い方を指導されました。

 

おやつの食べ方や飲み物に対しても話がありました。(飲み物によっては歯に着色のもとになったり虫歯になりやすいものもあるので)

 

最近は永久歯に生え変わってからまだ虫歯になっていません。

 

食後、口の中を清潔に保つようにうがいをしたりダラダラ食べる時間を減らしたりと気を付けています。 

 

あとは定期的に歯科で検診を受けてクリーニングやフッ素を塗布してもらい、歯を強化するようにしています。
40代 女性